最近、野菜類で食べられなくなったのが玉ねぎなのですが、なんで玉ねぎが食べられなくなったのかググると、割りと皆さん ある日突然玉ねぎ食べられなくなるケースが多々あるみたいです。玉ねぎはニンニクやニラと違って別物の成分の「硫化プロピル」という成分が食べられなくなる原因(胸がムカムカしたり、気持ち悪くなったり等)とのこと。よって、私の場合、ニンニクは生、加熱両方平気なので、この玉葱の成分のみ反応してしまったみたいです。今でもニンニクは美味しく一度も嫌になったことがないくらい好き。自然の抗生物質と言われるくらいですから、久々に玄米酢ニンニク作ろうかしら…。

他に強い野菜の部類でニラ、ラッキョウは食わず嫌いで自ら進んで食べませんでした。ニラは自生しているイメージが強いのでそこら辺に生えているというのが北海道に住んでいた時に感じていたのと子供自分、ニラは大人が食べる食材だと強くイメージし過ぎて、イマイチ美味しさがわからなくなってしまったので、それであまり食べたいと思わなくなりw 自生のニラは草のような味わいで幼い頃は草というイメージがインプットされ現在でも払拭できないw

ラッキョウは美味しいのですが、昔カレーを食べた時の副菜としてついていた味がなんだか変な味がし腹痛になってから食べられなくなると言う幼い頃の思い出から食べなくなるというwまぁ、玉ねぎの食べられなく理由がわかったので一安心。で、野菜チップスで玉ねぎが入っているのがあり購入し挑戦してみましたがやはりダメでした。アレルギーかどうかはわかりませんが不要なのでしょうね…。と言う事で、食べ物は今まで以上にシンプルにすべきなのでしょうか。ちょっと思うことがあり、旧暦の新年から新たな食事制限をしてみようかと思います。それまで現在は移行期間中なので多少体重増加しても食べちゃうかもwいいかげんな自分がひょっこり顔をだす。こわい💦

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中