音楽業界にいた頃から体重の増減はあったものの、増加ピークの時は気がついたら90キロ超えでそろそろやばいなぁ〜っ誰も指摘しないからまぁいいかっと思っていたら陰で「しろくま」と呼ばれておました。というのいも冬時期は白いパーカを着ている事が多く、後ろ姿がなで肩もあってか動物が立ち上がった時の姿によく似ているということを思い出しました。たまたま、私のことをこっそり話をしている人達がいて、ちょうど話しているタイミングでその方々の後ろにいたという彼等にとっては顔面蒼白。私は全く気にしていないので、同様もせずw 陰口はバレるので言わないほうがいいという教訓でしょうかねぇ。これ、何度か経験をしているが大抵相手は今まで強気だったのが手のひら返したかのようにひれ伏す。人間って面白いっと正直思いました。

なぜ思い出したかというと、忙しい案件時にお世話になった方で、早朝5時位からメールして夜は23時過ぎにもメールをほぼ毎日のようにしていた会社の方で、業務の過酷さはよくご存知だった。メールというよりチャット状態で即答で返事が来るメンバーの一人でした。そして六本木のオフィス内でばったり再開w その方は現場から離れ違う部署へ異動され、たまたま同じ会社の方の面談で来られていたとのことで私を見たら挨拶にいかなくてはっと思い来られたそうです。開口一番、元気ですか?っと全身みられながら聞かれたので???っと思ったら前の現場筋肉凄かったからね〜筋肉ムチムチしてましたよね〜っと言われw

うーん、前の現場から転職でお世話になったものの、入社した当初は65〜8キロくらいでして標準体型でした。現場が忙しすぎてランチはほぼ高カロリーな菓子パン、晩飯はいつも深夜だったのでそれで一気に体重増えて筋肉というより脂肪w気がついたら100キロ近くまで体重増加しており、まぁストレスというのもありガツガツ食べてしまって服もパツパツ。総合格闘技を以前していたので、どうも彼はそのイメージが脳内にあったらしく筋肉というイメージだったらしい。体重増は1、2ヶ月くらいであっという間に増えるもので、しかも増えた事に気づかず服がやばいなぁっと思った時は、もう時既に遅しという感じでした。

まぁ、スーツ着ていたのでその方からしてみると、私はしろくまというイメージではなかったと思うのですが。顔は生まれ持ってのものなので年齢を重ねていくと変化はあるもののボディは自分次第ですかから…。っと今の会社でお世話になってから平均体重に戻ることもなく安定の標準体重プラス10キロを維持している自分なんですがw本格的に痩せるために闘志を燃やしてくれた一人。頑張って体重落とさないとねぇ〜。

っと思っていたら、日曜日お会いした方に開口一番「お痩せになられましたか?、前はパンパンでしたよね」っとwここでこう繋がるとは思ってもおりませんでしたが、この一番大きく育っていた頃をご存知事の方でしたので見た目が多売くらいパンパンだったらしいw

広告

人は見た目が重要? しろくまと呼ばれて…」への2件のフィードバック

  1. そんなにパツパツだったんですか~。。昔から変わらない感じがするんですけれど。
    私は体重の増減が激しいので、イギリス時代の友人からは「あれから何キロ痩せたの?」と言われたかともうと、39キロ時代を知っている人からは「ふっくらしたね~」と言われ。。もう自分でもわけが分かりません。(笑)

    いいね: 1人

    1. 奇跡的に太めの時にはお会いしていないと思われw 首がない状態だったんですw いやー気づくのが遅いのですが、体重落とすのは大変ではありますが、どう変化していくかも楽しみでもありますね

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中