今週ブログを書いていて何だかちょっと???っと思っていたら、今読んでいる本の中で、本居宣長も本を読んで難解なことがあり、ちっともわからなかったと書いてあり試行錯誤しながら紐解いていき、正直ホッとした。今週のマイテーマは「難解」w。いつもと違って、何だかブログ内容が違い〜悶々としていたのでw びっくりするくらいのシンクロ率。ここまでしなくても!っと思うくのですが鈍感な私には必要なメッセージなのかもしれませんが…。

本を読めば読むほど、様々な体験をさせていただく。一つ一つが勉強であるのは当然だと思いますが、日本において霊的研究をされていた方々がいらっしゃるからこそ、今の思想が生きててきている。そして研究されていた平田先生は神界の方が降りてきて人間に正しき正統を学ぶ大切さを指導してくださった一人。この方は霊能者として活動されていたわけではないのですが、江戸時代は盛んに霊的検証をするにあたり霊界の方々とは様々な手法を用いて行われたそうです。

よって、何度も書きますが日本においては本居宣長から始まって平田篤胤の時代が最も霊的な検証が行われており、その証拠としていくつもの文献が残っているのも事実。そこから、正統とそうじゃないものへと枝分かれしていき、近代になるにつれ神聖を失いつつも正系は決して途絶えることなく道は続いている。この時代からいい加減な検証はしておらず、確かな証拠として検証していたっと文献にも残っているそうです。

summer-2334072_1280

視えない=繋がっていないではなく、もともと私たちの肉体はあくまでも仮の姿である為、意志疎通は肉体の器官を使います。よって、視えるというところに注目すべきではないのでしょう。霊界からの使者が通訳(昔で言うと天狗にさらわれたり、神様のところで修行され戻ってきたり)として神々(直接、神様がご指導されるわけではなく従神様等、人間と通信をするお役目の方)から受け取ったメッセージを思想家である平田先生にお伝えし、言葉を交わしていたとは思ってもおらず…。通訳というよりディスカッションなかもしれません。

現在は霊界側で人間界を干渉できない仕組みになっているので、ささやき女将(古くてすみません…)のように一つ一つメッセージをお伝えしたり、視える行為というのは私達がどこの階層に属していたかによってかわってくるのかもしれません。スピリチュアルは特別な誰かの為にあるのではなく、全ての生命が光であり、全ての人がスピリチュアリストだと思っております。言葉が独り歩きしてしまっている昨今、何も特別なことでもないしですし崇拝することもない。

light-3151723_1280

平田先生はそれらを忌み嫌うかのように厳しく言及されているので、駄目なものは駄目とはっきりお伝えしているのでしょうね。仏教や宗教についてはかなりディスっておりました…。そこまで言うか〜っというくらい厳しい口調。それでも平田先生は、愛に溢れる方だったそうで幼少の頃の辛い経験は晩年、言及はされていたものの、決して人を恨むことなく愛を持って対応されていたそうです。そしてこの古学が世間一般に知られる前にも当然、指導者がいるわけですが本居宣長に影響を与えた真淵もきっと凄い方だったのかもしれません。

が、この世に古事記を送り出した本居宣長を鍛えた真淵もまた三代集など歌に精通しており、それらを通し大きな貢献をしたものの今わかっている霊界関連の本では名前がふれられていないので、本居宣長や平田篤胤の研究された時代がよい勉強に繋がるのかもしれません。古典は独学ではありますが、今はググればある程度情報が見つかるので助かっておりますが、正しい情報はやはり自分の目で確かめなければいけません。

そして、古事記がどのように生またのかっと思っておりましたら、やはり繋がりがあったという事でスッキリ。知らなかった事が繋がっていくと大きなストーリーへと変化していくのかもしれませんが、細き道をしっかり大きくするために必要な事なのかもしれません。ちなみに美しい言葉って何を指すのだろうとかと思っておりましたら三代集がいいとのこと。確かに現代の言葉は常に変化しているので、なるほど納得。

そしてなぜこの時代なのかも今まで知らなかったものの、自分史を発見?思い出す?と関連性が出てくるので今生での目的であったり、やるべきことであったり、過去で勉強した事など全てではないですが断片的に思い出し繋がっていくものなのかということも何となく体験することによりわかってきたことです。とは言え、ガイドラインは決めてきたものの迷いは生じますよね。だからこの世は修行と言われているのでしょう。自分を信じ、愛を持って歩んでいこう(●´ϖ`●)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中