生きるということは、決して楽な道ではない。色々な方がいらっしゃるので刺激を受けたりする事も多い。良い意味での刺激であればモチベーションもあがるけれども、そうじゃない場合は心がおれることもあるかもしれません。そんな時、善霊の導きというのが必ずといっていいほどあり愛のある行動を自然ととって下さる。これは非常に有難いことで私自身もそうでありたいと思うものの、さりげなくスーッと出来るまでには培ってきた経験がものをいうのだろう。それとその方の懐の深さが一番大きいのかもしれません。

だから人生はスパイスのような色々な刺激を受けつつ成長していくのかもしれません。私が経験した悪意のある刺激の一例、①笑顔で近づいてディスられる②いつでもなんでも聴いて③恫喝④陰口でありもしないことを叩くっというのがありました。①は、顔の表情は笑顔ですが心が悪意に満ちている。②聴きたいこと、トラブルなどでいつでも連絡して!っと言われて連絡すると途端に連絡がとれなるwで笑顔で近づき、いつでも聴いてくださいと皆の前で言うw ③いつも上から目線かつ威圧的な口調、デフォルトがこうなんでっと恫喝しているとは言わない都合がいい言葉 ④本人の目の前で言わず、捏造や陰口権力者に虚偽報告をする

っという事が絶妙なチームワークで仕掛けられた事が前職で経験した事w これらのちょっとした刺激もありながらも人生を歩んでいくには強くなっていくのに必要なスパイスなのかもしれません。第一のわかりやすい洗礼が雑巾絞りドリンクでしたからwいろんな意味でこれも今の社会経験に役立ってます 先だって、たまたま尊敬している方のブログをふとみたら今の自分の現状をリアルに書いた内容だった箇所がありガイドって素晴らしいと感謝。私のガイドも善意のある方なので、そういった導きがあるのでしょう。

light-3151723_1280

どこにいってもマウントしたがる人は必ずいるのとそういった方々は不思議と一匹オオカミ的な方なわりにターゲットを決めると陰湿に攻撃をしたりあからさまな態度をとってきたりするんですよね。びっくりしたのが直属の上司が気に入らないからと嫌がらせをするという…。それによりその部署へ異動となり、結果的に業務改善(コスト削減や物事を効率よく行うことなど)について深く学べたので、人生何があるのかわからない。ちなみに神様はなんでもお見通しなので、そういった方々は「おきのどく」っということなのでしょうか。

今、モンスター化により都合のいい解釈、判断をされる方も多く世の中暗いニュースばかり目立ってしまいますが、決して世の中全てそんな輩ばかりではないのでご自身の良心と対話して光り輝く自分をイメージすると悪しきもの自体気にならなくなります。嫌がらせされても同じことしたらそういった人達と同じ波動のレベルまで落ちてしまうので低レベルなことはしないようにしたいものですね。っとガイドからも日々通達あり&善霊の導きで、メッセージを頂いたりと感謝しっぱなしです。この場をお借りしてありがとうございます(●´ϖ`●)

なんでこんな事、書いたかというと今読んでいる本にちょうど善意と悪意について詳しく記載してあり、どちらかというと悪意について説明している事が多かった。江戸時代、悪意に満ちた方はしつこかったのでしょうね〜。桃太郎侍がいたら叩き切っていたのかもしれませんっと桃太郎侍ではなく暴れん坊将軍ですかねぇ〜w松平健が馬に颯爽と乗ってやってくるw例えが古すぎ…。

monk-458491_1280

そして何より、嫌がらせされたほうは謝られても泣かれてもきっと心の底から許したり開放されるまで時間がかかるのが人間です。だから本気で変わらないときっと開放されないでしょうねぇ〜。但し、全うに生きている方は善霊から導かれ、人によっては悪意をしている行動をされている方を映像ではっきりくっきりまるっと見せてくれるケースもあります。これは私のケースですが、精神を統一してお願いごとが通れば、ビックリするくらい鮮明に動画が流れます。あっ、動画ってこんな感じで流れるんだっとここで体験するというのも正直…という感じですが。

悪意って何なんでしょうね。何がしたいんでしょうかね。っと、ふと前職の事が鮮明に思い出し、たまたま読んだ本に悪意について神様の役割分担や悪意のある攻撃を受けた方のブログをたまたま同じタイミングで読んだり、そして何より自分の経験もさることながら思い出が蘇り、たまたま善意に満ち溢れている方との別れもあり、考えることが盛りだくさんの事について長々書いてしまいました。こういった事を書いて読んでしまうとちょっぴり嫌な気持ちになったりするかもしれませんが、嫌な事もスルーすることなく、自分でどういった対処をすれば改善できるのかという事を考える事もできます。

最後に、どうして悪いことをしても神様は悪意をもった方に対して、今すぐ何かしないのかという疑問もあるかと思いますが、これは人間では決して理解できない複雑なしくみらしいです。良い神様がいれば悪い神様もいる。それぞれの神様に対し、どのような関わりがあるかにもよるでしょう。だから人間のほうであれこれ詮索して杞憂でふりまわされるより、同調しない、振り回されないようしっかりするという事が最善なのかもしれませんね。

広告

人生のスパイス」への2件のフィードバック

  1. 過去の大反省会があったときに、思ったこと。
    大多数が自分が陰口たたきたくないから、自分が本人に直接言ったことなんですが。それ以外でも、今思うと配慮が足りなかった。あたり触らずにいたつもりでいた人、かかわりたくないない人、普通に対応していたつもりでも、私の愛が足りなかったのですね。嫌なことを言われたり、態度されても、自分の中で相手には伝わらないもしくは、自分が気づかない否があるのでしょう。本当に学びはエンドレスですね。

    いいね: 1人

    1. 本当にエンドレスですよね。これが学びなんだねーっと思いながらも挫けそうな時は応援されていると知っていると心強いですよね

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中