古典から紐解くと「笑う」という事はやはりとても重要であるという。といっても下品な笑いではなく上品な笑いが大切ということ。人を嘲笑とかは論外なのでw 心からハッピーになれる笑いがいいですね。涙が出るくらい笑うという事も忘れていたら、たまたま見た動画で笑い、ほっこりし、涙が出た。

そう、美しい笑いは心を穏やかにしてくれるだけはない何かパワーがあるように思えます。ブスっとしているより、口角上げて笑っている練習をすると気がついたら笑顔になったというのもカスタマーサービスの一貫として教えていた時の経年でした。表情は笑ってはいないけど心では笑っている。

けれどもそれを第三者がみたらブスっとしているという指摘を受けショックを受けたというのも最近会話をして出てきた事なのですが、鏡を見て口角上げる練習すれば自然と笑みが出てくると思うんですよね。小さい時からブスっとした人達の中で育ってきたので、それが当たり前だと思っていたら世の中でたらそうじゃなかったw

そして彼等が反面教師となり私はデフォルトで笑顔になれたのも有難い事ですね。笑っていないなーっと思うと、何気ない会話で笑いのツボにハマったりする場合もありますし、美しい映画を観たりするのもいいのかもしれません。年度締めで忙しいときほど、顔の表情が強張ったりするのと、いつも間違えない事をここぞとばかりミスをしてしまったり、そして自分を責めてしまったりするかもしれません。

たまには鏡を見て笑顔チェックいいかもしれませんね

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中