岡山県津山市サムハラ神社 奥の宮

江戸時代の中期1782年(天明2年)、サムハラという字を懐中すれば、身を護るとされ世に知られ現代まで語り継がれてきました。サムハラは神字であり漢字とは異なりますので活字変換は不可(ブログ内写真等で神字をご確認くださいませ) 平田篤胤翁と寅吉との談話や宮地水位「異境備忘録」によってエビデンスとして残っている。霊験あらたかとされるお守りの評判が様々な人を通して受け継がれ日本全国から参拝される方が多い。

サムハラ神社 奥の宮は岡山県津山市加茂町の日詰山、境内中心に金刀比羅神社(コトヒラジンジャ)が祀られており地域住民のみならず県外からも参拝し祈願される方も多い。金刀比羅神を正面から見て左奥側が現サムハラ神社、右奥側は道が二つに分れ上りが展望台、下りは旧サムハラ神社が祀られています。境内は以下のように社が配置されております。簡単に資料作成しました。言葉よりも図で見たほうが社の位置関係はわかりやすい。

kaminaconnectplus_samuhara.jpg

呼ばれた方しかたどり着けないとされておりますが、霊的な意味合いから呼ばれない人(様々な要因がありますので一概には言及できませんが呼ばれない、行きたくても行けない等・・・) そして一番たどり着けない理由が下調べしないでそのまま行ってしまうと確実に迷子になります。ナビがあるから大丈夫だろうっと思っていたら神社は山の中に鎮座しておりますので位置情報も電波が途切れたりする可能性もありますので経路等は事前に必ずチェックされたほうがいい。基本、あぜ道を通りながらの移動になりますので・・・。ちなみにソフトバンク回線及びLINEモバイルは山の中でも電波は通じました!

私が参拝させていただいたのが、2019年3月22日(金)平日 重厚な雲が折り重なる曇り。参拝ルートは、金刀比羅神社展望台旧サムハラ神社現サムハラ神社。金刀比羅神社、現サムハラ神社(サムハラ神社奥の宮)、旧サムハラ神社(古来よりサムハラ大神が鎮座されていた社)は、他の神社とは次元が違うピュアなエネルギーに満ち溢れている。

サムハラ神社のご祭神は、この世を創造した神々「造化三神」と言われる「天之御中主神」「高御産巣日神」「神産巣日神」の総称となります。よって、個人や国レベルというより、地球や宇宙全体の和合を取り持つ印象が伝わってきました。なんでしょう、人間の日々の悩みごとなんてもの凄く薄っぺらく、ちっぽけな事に思え、一気に浄化されたと思います。ご祭神が偉大すぎてそういった事は払拭されたのかもしれません。

業を一瞬で解消されると、何方かが記事で書かれておりましたが、これまで歩んできた道のりを無かった事にはなるはずもなく、これらの経験があっての今の私達がある。多くの気付きがこの地にあるようです。参拝中は青空や太陽の光を直接見ることはありませんでしたが、山の中は適度な湿度と少し空気は冷たいものの、まろやかな空気感につつまれ参拝させていただきました。

◎金刀比羅神社
この境内中心部の金刀比羅神社が鎮座しており、厳かでありながらも、この地域一帯を司る力強さだけではなく、誰に対してでも優しく愛に満ち溢れているような印象。今回は、駐車場からそのまま金刀比羅神社へ。神社の神々については境内にある以下を参照してください。美作加茂駅から徒歩20分、鳥居から階段登る予定でしたが、見えない世界の住人より駐車場からじゃないと行けないよ!とメッセージをいただく。

後ろ髪ひかれながら駐車場へ・・・。そこから境内へ入っていくと神聖さがより肌で感じる。参拝後中に金刀比羅神社から鳥居までどうなっているのか見に行くと階段がなく道が寸断されている。やはり、鳥居からはアクセスすることができなかったようで駐車場からの経路で助かりました。

IMG_3584.jpg

◎展望台
展望台を登ると、この地域一帯の美しい風景が広がります。深呼吸すると心地よく不思議なもので分厚い雲が近かったせいもあり、まるで雲の中にいるような感覚でした。こちらは大地との繋がりが深く、神と人との調和をとりもつような感じがしました。ぐるっとカラダを回転するとビルもなく自然に満ち溢れ雄大な景観である。

晴れていると、青空が広がり山々の美しさがよりはっきりわかるそうですが、曇り空だと山頂の深い緑が重厚な山々が連なっているようでこのような曇で晴れ間がないと絵画をみているかのいよう。展望台近くにはご神木もあり、触らせていただくと、優しい温もりを感じ生命が漲っており、まるで人間を包み込むようで、とても温かみのあるご神木でした。

IMG_3848.jpeg

IMG_3839.jpeg

◎旧サムハラ神社

古来よりサムハラ大神が鎮座されていたこともあり、とても格式が高く、宇宙の法則を司る壮大な印象が伝わってきました。個人を対象とするより全体を取り持つような厳かさ、秩序とバランスを重視されており、背筋がシャキッとし一番緊張しました。

お祈り、祝詞奏上時をさせていただいた時に何か気配を感じあたりを見渡すと無音となり、気のせいかと思って再び祝詞奏上をすると風の音とともに何かが重なる音がし、音のする方を見上げたら誰もおらず、人が入れる場所でもなければ動物もいないのは目で見てわかりますので、精神統一をするとそういうことかっと思いそのまま祝詞奏上し終わるまで音がしておりました。

祠へ上る石段は老朽化に伴いもろくなっているそうで石段へ登ることは禁止されております。そもそも登る必要もないですし、それでもこの地に訪れたからということで登る方がいらっしゃると思われるので鎖がかかっておりまました。その後、現サムハラ神社である「サムハラ神社奥の宮」へ。

※社、注意事項の看板、さざれ石

◎現サムハラ神社

現サムハラ神社(奥の宮)は、旧サムハラ神社と同様、特別な神域というイメージでもありながらどこか爽やかでさらっとしたイメージで心に響く印象、共鳴するといった感じ。まさしく自分が発した言霊がこの瞬間、この地で共鳴しあう。お祈り、祝詞奏上、願い事もさらりと連なっていくようでした。

ここまで参拝させていただいた神社全体が聖域もありカラダがとても軽くなり、地に足が着いているもののカラダが急にふわりとまるで空中を飛んでいるかのように軽かった。ここまでで、約1時間ちょっと。由来についきましては以下をご確認ください

IMG_3892

このあと駐車場まで戻る時にあまりの体の軽さに山道なのに走ってしまいあっという間に鳥居前まで戻ることができました。すると先程までの体のふわふわ感が薄れ、今までと同じ感覚に戻り、土砂崩れされていた聖域へ。

先般の災害により土砂崩れが発生し神社へ行く階段が所々崩れてしまって現在もなお工事をしておりました。金刀比羅神社のお賽銭箱に災害の寄付について掲示されておりましたので、ご賛同いただけるのでしたら訪れた際に、ご寄付していただければ幸いです。ちなみに金刀比羅神社すぐ近くは⇓のような感じ。本当は鳥居からここを歩いて登っていくのですが階段がない・・・。

IMG_3585.jpg

賽銭箱に茶封筒が用意されておりますので、お金を封筒に入れ封を閉めてから住所、名前を記載してお賽銭箱に入れてください。個人情報はきちんと管理されている文言付きなので安心です。お賽銭箱の構造上、封筒がサクッと入らないので棒か何かで押し込まないと入りません。ご安心ください!

棒も鎖で繋がってり、しかもお賽銭箱横にありますので私もササッと入れることができました!こうしてこの地に参拝させていただけるのもこの土地の皆様あっての事、少しでもお手伝いできれば嬉しい限りです。この場所に特に神聖な場所がありますが、中に入ってはいけないっと直感で伝わってきましたので深くお辞儀をしその場を去りました。

無事、念願のサムハラ神社 奥の宮(現サムハラ神社)参拝することができ安全に、そして円滑に物事が進むことができたのは幽真界(霊界)の強力なサポートに感謝しております。古神道を学んでいくうちに、この三柱の神はどこで祀られているのだろうかと調べていた時、寅吉物語に出会いながらもうっすらした記憶が刷り込まれていた時に、大阪のサムハラ神社の情報をインスタでアップしてくださった方がいらっしゃり記憶が蘇り、そして情報に深みが増し、サムハラ神社発祥地である岡山へ誘導されるかのように絶妙なタイミングで様々な情報が入ってきました。

古事記では、「天地のはじめの時、高天原に成りませる神の名は、天之御中主神、次に高御産巣日神、次に神産巣日神。この三柱の神は、並獨神成りまして、身を隠したまひき」

天之御中主神は宇宙の根源、宇宙そのもので、ありとあらゆるところに満ちて宇宙を統合する特別な神です。この地に訪れて感じた他とは違う特別な聖域は、別格。「ピュアなエネルギーに満ちあふれている」という印象がとても強いです。社やご神木によって印象が変わってくるのかもしれませんし、私の体調により感じ方が違ってくるかもしれませんので、参拝される方全てが同じ印象を持つとは限りません。

特に旧サムハラ神社が一番厳かで重厚感がありました。現サムハラ神社は対象的にさわやかな印象がマッチしているようで、この中をとりもつのが金刀比羅神社。まさしく和合をとりもつ聖域。正しき神は仲違いすることはありませんし和合を取り持つ神様もまたこのエッセンスをちりばめられているかのようでした。

IMG_3600.jpg

神社へ行く理由は、人それぞれ。私は、その地域に住まわれている全ての方が誰一人漏れずに安全に暮らしていけること、地域が活性化すること、和合を取り持つこと、そしてこの世の中全体が平和に満ち溢れていること、そして一番最後に個人的なお願い事や相談をしております。神社が鎮座されている理由もありますので、特定の誰かのためだけにあるわけではありませんのでルールに従い、参拝したほうがいいですね。

私達が生きているこの地が、後世の皆様にとって美しい状態をそのまま引き継ぐためにも日々の努力を惜しまず、陰徳積善(影で得を積むこと)をし、他者から惑わされず過ごすことにより、ご自身のお力で今この瞬間切り開いていけるものだと信じております。そうすると必要な情報や行くべきところが絶妙なタイミングでインスピレーションで受け取ったりするようになります。正しき神を祀れば悪しきものからの守護や日常生活も平穏無事に暮らしていける。また晴れた日にこの地に訪れます。美作加茂駅からサムハラ神社が鎮座している地域の写真を撮影させていただいたら紫っぽい色が写っておりました。比較のため、左が紫っぽい光が入ったもの、右は何もなし、画像の加工も一切なし。

ちなみに東京から日帰りで美作加茂行けます!!スマホ以外から見たほうが以下経路はわかりやすいかも・・・。体力に自信がある方、歩くことが好きな方はきっと大丈夫!!ただ、結構歩きますので日帰りと言え、新宿始発で3時半頃移動、そして自宅に着いたのが23時過ぎなので途中から脛がパンパンで筋肉痛。中野駅から津山まで高速バスが出ているそうなので夜間出発し、早朝 津山IN、そして美作加茂へ車か電車で移動もありですね。

<東京からの交通機関>
東京駅 6:16発 → 美作加茂駅 12:03着 (5時間47分)
1-1 東京→岡山(JR新幹線のぞみ3号・博多行)
1-2 岡山→津山(JR快速ことぶき・津山行)
1-3 津山→美作加茂(JR因美線・智頭行)

美作加茂駅 15:55発 → 東京駅 21:33着(5時間38分)
2-1 美作加茂→津山(JR因美線・津山行)
2-2 津山→岡山(JR津山線・岡山行)
2-3 岡山→東京(JR新幹線のぞみ50号・東京行)

※岡山から美作加茂までは電車の本数が限られておりますので、実際に運行しているか事前に情報収集は必須です。

<美作加茂駅から神社へ>
美作加茂駅から徒歩20〜30分、但し山道なので底が滑らないスニーカー等必須。美作加茂駅内及び近郊のローソンに金刀比羅神社、サムハラ神社までの経路が記載されておりますのでその通り歩けば確実に辿り着きます。歩くのに自信がない方はタクシー呼べば5分くらいで着くそうです。参拝時間は、1時間程度でしょうか。地元の方よりタクシーは呼べばすぐくるとのこと。

※神社には宮司さんが常駐しておりません。よってお守りや御朱印はいただけません。
※3月下旬は冷えるのであたたかい格好で行かれたほうがいいです。また、トイレも電車内か駅構内ですませたほうがいいと思います。

<参拝について>
サイトで見ると、非公認ではあるがサムハラ神社のお参りの仕方を地元の方が行っているらしい。が、いつもでもいらっしゃるわけではないそうです。ルートとしてはこの土地を司る金刀比羅神社→展望台→旧サムハラ神社→現サムハラ神社となるそうです。

徒歩ルートですと鳥居から手水舎で清めてから階段を登ってお参りが正式なルートだと思いますが先の災害で工事をしておりますので、事前にご自身で清めてからお参りされたほうがいいと思います。展望台にご神木があるそうなので御神木に許可を得てからタッチすると、ポカポカと温もりが伝わってきます。

そして近年、参拝される方が多くなってきているそうですが、地域住民の方にご迷惑のかからないよう気をつけなければいけません。

写真付きでナビがありますので迷わずにいけます

<ごはん食べるところ>
地元の喫茶店はあったものの利用する時間なく、ローソンでサクッといただける食べ物を購入。こういう時コンビニって便利だなっと正直思いました。津山で買ったパンのことはすっかり忘れてしまい東京に戻ったらいい感じで潰れてましたw 1人日帰りコースだと時間に余裕がないと思うので予め持っていかれるのでしたら準備されたほうがいいですね。

KaminaConnectPlus&Co Information

NEW5/18(Sat) or 19(Sun)!!井草八幡宮参拝 & 自然派インド料理 ナタラジ荻窪店ランチ!!

①ワークショップ 〜定員:12名 残りわずか!〜
カミムスビ:霊性霊格向上の勉強会 #1
4/21(Sun)14:00〜17:00@中野
※申請フォーム、facebook、LINEのいずれかからお名前、当日連絡とれるメール等お知らせください
https://kaminaconnectplus.wordpress.com/ワークショップ/
LINE ID:kaminaconnectplus
https://line.me/ti/p/R94Ii7SYgC
②井草八幡宮参拝 & 自然派インド料理 ナタラジ荻窪店ランチ
5/18(Sat) or 19(Sun)  定員:5名

武神の加護が強く、個人的に厄払いの効果も体験済。こちらの神社に訪れてサイキックアタックに思うことがあり、祓戸の大神参拝後に確証いたしました。都内とは思えないほど自然が残されており魂も浄化してくれるように感じました。予定では、個人名で厄払いをしていただき、その後参拝をしインドカレーを食べに行くという流れを予定しております。ランチだけでもOKです。
③リーディングのご予約(霊査)
お一人様
30分 6,000円(延長なし、当方指定のファミレスなど)
90分  10,000円(延長なし、新宿御苑 個室)
※土日、祝日のみ、場所は新宿、渋谷、中野エリア個室 or CafeShopなど)
※リーディング30分のみ(飲食代金はご自身でお支払い願います)
※お申込みは、鑑定申し込みフォームorメールにてお名前、Gmailが受信できるメールアドレス、土日祝日のカウンセリング第三希望日までご記入ください。3営業日以内に返信を予定しておりますのでそれまでお待ちいただけますようお願い申し上げます。

お問い合わせ以外の個人的なメールにつきましては、誠に申し訳ございませんが、お返しすることができません。予めご了承くださいませ。

※セッションの一部は、慈善団体へ寄付をさせていただきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください