人は見た目が重要? しろくまと呼ばれて…

音楽業界にいた頃から体重の増減はあったものの、増加ピークの時は気がついたら90キロ超えでそろそろやばいなぁ〜っ誰も指摘しないからまぁいいかっと思っていたら陰で「しろくま」と呼ばれておました。というのいも冬時期は白いパーカを着ている事が多く、後ろ姿がなで肩もあってか動物が立ち上がった時の姿によく似ているということを思い出しました。たまたま、私のことをこっそり話をしている人達がいて、ちょうど話しているタイミングでその方々の後ろにいたという彼等にとっては顔面蒼白。私は全く気にしていないので、同様もせずw 陰口はバレるので言わないほうがいいという教訓でしょうかねぇ。これ、何度か経験をしているが大抵相手は今まで強気だったのが手のひら返したかのようにひれ伏す。人間って面白いっと正直思いました。

なぜ思い出したかというと、忙しい案件時にお世話になった方で、早朝5時位からメールして夜は23時過ぎにもメールをほぼ毎日のようにしていた会社の方で、業務の過酷さはよくご存知だった。メールというよりチャット状態で即答で返事が来るメンバーの一人でした。そして六本木のオフィス内でばったり再開w その方は現場から離れ違う部署へ異動され、たまたま同じ会社の方の面談で来られていたとのことで私を見たら挨拶にいかなくてはっと思い来られたそうです。開口一番、元気ですか?っと全身みられながら聞かれたので???っと思ったら前の現場筋肉凄かったからね〜筋肉ムチムチしてましたよね〜っと言われw

うーん、前の現場から転職でお世話になったものの、入社した当初は65〜8キロくらいでして標準体型でした。現場が忙しすぎてランチはほぼ高カロリーな菓子パン、晩飯はいつも深夜だったのでそれで一気に体重増えて筋肉というより脂肪w気がついたら100キロ近くまで体重増加しており、まぁストレスというのもありガツガツ食べてしまって服もパツパツ。総合格闘技を以前していたので、どうも彼はそのイメージが脳内にあったらしく筋肉というイメージだったらしい。体重増は1、2ヶ月くらいであっという間に増えるもので、しかも増えた事に気づかず服がやばいなぁっと思った時は、もう時既に遅しという感じでした。

まぁ、スーツ着ていたのでその方からしてみると、私はしろくまというイメージではなかったと思うのですが。顔は生まれ持ってのものなので年齢を重ねていくと変化はあるもののボディは自分次第ですかから…。っと今の会社でお世話になってから平均体重に戻ることもなく安定の標準体重プラス10キロを維持している自分なんですがw本格的に痩せるために闘志を燃やしてくれた一人。頑張って体重落とさないとねぇ〜。

っと思っていたら、日曜日お会いした方に開口一番「お痩せになられましたか?、前はパンパンでしたよね」っとwここでこう繋がるとは思ってもおりませんでしたが、この一番大きく育っていた頃をご存知事の方でしたので見た目が多売くらいパンパンだったらしいw

広告

寝落ち

昨晩、AmazonPrimeで映画を見ていたらそのまま寝落ちw気がついたら、暖房入れて1時半…。腕が痛いと思ったらジョンが腕の上で爆睡🐶 自ら近寄ってくる時は、触っても平気ですが過剰に触り始めると「さわらないでオーラ全開!」というのがわかるくらいドヤ顔をしてきます。布団もかけずにそのまま寝ようかなっと思ったのですが、確実に風邪をひくコース。我が家の暖房は20度。会社の曰く、20度って冷房ですよっとのこと…で、うだうだしていたらカラダを動かし始めたらジョンくんも目覚めのモード突入で、ピタッとくっつのを嫌がりはじめる。寒いので抱っこしようとしたら、「いやです」っと反発w素直に、寝室へ移動し寝ようとしたら寝付けない…。

夕方から携わっていた事で気分が高揚していたのかもしれませんが…眠れず…。それでも寝ないとっと頑張って寝ようと寝落ちしかけると、今度はジョンくんが部屋の中で運動会をし始める…。変に起こしちゃったからなーっと反省しつつ、吠えずに黙々とバタバタ床の上を歩いたり走ったりしているので近所迷惑にもならず放置。それでも暫くそのままなので、抱っこして寝室へ移動させ落ち着き、その後私の近くで丸くなりその後、お互い爆睡。いつもの5時に起きるとジョンは丸まっており、眠たそう…。そして準備をし、いつものように散歩をしたご飯もしっかり食べたら、昨晩の疲れが一気に出たらしくジョンくんはソファの上で疲れて寝ているというw私がソファーで寝落ちすると、ジョンくんにも影響があるのだなぁっと改めて知り反省。

そして久々にリアルな夢を見たものの、現実的ではないストーリーなので夢の中で???っという状態。起きているかのように「なんで?どうして?」っと聞きたいことを聞きまくるという相手にしたらえらい迷惑っぽく、気がついたら登場人物の重要な存在のその方はいやーな顔してどこかへ去る。そして頃合いを見て戻ってくる。何だか、ジョンくんの行動と似ているような…っと思いつつひょっとしたら夢の中、ジョンくんが人間の姿で登場し、私と会話してきたのかもしれないと思うと、朝からちょっとほのぼのしてしまいました。

かにチャーハン

食事制限を本格的にする前に食べたいものを食べようっと昔から行っていた中華料理店でカニチャーハンをテイクアウトしました。金曜仕事帰りに新宿に用事があったので、六本木から新宿ヘは大江戸線で移動をし西口で用事を済ませ、バスに乗って帰るのにもまた地下を歩いてバス待ちしてっとなると意外と時間がかかる。であれば、少々食べても歩いてカロリー消費できるし健康のためにも歩くか!っとそうすれば罪悪感そんなに感じずに、カニチャーハンが食べられる!っと歩く気満々w単に食い時がはっているだけなんですがw

子供のように「カニチャーハン!」と心の中で連呼しながら幡ヶ谷まで歩き、無事店についたら空いている…。普段は混雑しているんだけどなー、給与日前だからなのかなぁ…。っとここのお店は幡ヶ谷駅から数分で比較的若者が通う。30代の頃からよく食べにいっていたのでマスターやご家族、従業員の方々も顔なじみでチャーハンはいつも大盛りにしてくれる…。まぁ、暫くダイエットで食事制限をするのでいいかっと思って自宅で食べると、カニ多いなぁっと思ったらカニカマが結構な割合で入っておりました💦あれ〜昔食べた時は入っていなかったはずなんだけどなーっと思いながら気のせいかと思ったら結構はいっているw まぁカニも沢山入っておりましたが、カニカマもこれまた大量にインw

大抵、食事制限しようと思って食べる食材はこんな感じで微妙感がパンパなく、次食べたいと思わなくなってしまうんですよね〜。それが完全に断つ事に繋がるので同じことなのか…。それとも、たまたまだったのか、レシピを変えたのかちょっとわかりませんが、子供のように新宿から「カニチャーハン」っと連呼しながら歩いていたので自宅についてちょっとショックw 初めから笹塚に近い中華屋さんにいけばよかったとw(エビチリが美味しいところです!)旧暦の新年からガッツリ食事制限と思ったのですが、何だかとっとと始めろっと言われている感があるのと、ここまで引っ張ること無いからさっさと食事制限しちゃおー。その前に、笹塚のかにあんかけチャーハンだけは食べますけどw どんだけ、食欲に支配されているんだ〜w

っといいつつ、冷蔵庫の中身は着実にシンプルになっていっており着実に食事制限への道が整備されているかのように、食べられる食材が思いっきり限られてしまっている感が半端ない…。まぁ、そう思っているのも自分だけなのかもしれませんがw

ちょっと一休み

自分にとって必要な学びの本を購入して行くと、不思議なものでジグソーパズルの人るのピースのように埋まっていくものの、そのピース自体にもまたパズルが仕組まれており本を読み終わってからの理解度によってカラーが変わる。理解度が高ければ絵や模様が浮かび上がる。逆に理解度や習熟度がどう観てもたりないものは真っ白のまま。そう、まだまだお勉強が足りていないという事なのでしょうか。

闇雲に本をあさり過ぎるのも良くないので、先週末はちょっと一休みをし本を読むのを止めました。リフレッシュしないと、煮詰まったままの状態でゴリ押しするのは、そもそも誤った解釈をしてしまう可能性が高いのと、自らの考えを制限したり狭めたりする可能性が私にはあるからだ。脳内リフレッシュしたら肉体も疲れていた事に気づき、爆睡してしまいましたwまぁ、ワークアウトをした影響もあるのですが、よい意味で肉体も鍛えなおしているからいいのかもしれませんが

幽真界

神道を勉強していくと、世間で言われているスピリチャアルというのは日本においては宮地水位がそれらについて実証され、その備忘録を後世の方々が良い意味でも悪い意味でも解釈をしてこの世の中に普及されていったということがわかりました。前者は狭き道ではありますが正統なので途切れることは決してなく、学んだ事によって帰還された後の勉強も捗るそうです。後者の方は、わりと現代でいうと〇〇の生まれ変わりであるとか、宗教関係者が多く、自称〇〇というのも多く、自ら開拓した境地であるというのが明治あたりから多くの出版物に見られるそうです。私もまだまだ知らない事のほうが多く、正統だけを学んでいけばいいのかと思っておりましたがそうではなく、逆もまた意味のある学びにつながることもあるそうです。ほんの少しだけ正しい事が記載されているので、それを見極める力もつくでしょうし、本来の祝詞との齟齬もここで見極める事ができるようになるとおもいます。

一番わかりやすいのは神様の名前なのかもしれません。神様の正式名称は漢字なので正しく読めない、紛らわしい名前で言ってくる輩もいるので、そもそも自らも誤った解釈をしてしまうのでは?っと判断しておりましたが、ある程度学んだら、読むのもいいのかもしれない。とは言え、大金払って買うこともないと個人的には思っているので数少ない正統の道を学ばれていくほうがいい。本を読んでいる限り、とてもサラッとした事が記載されておりますが蓋を開けてみるとそう簡単ではなく、知っていて当たり前ベースで情報発信されると、学びの過程において解釈が随分と違ってくると感じております。で、私が学んでいる本が全てではないのかもしれませんが江戸時代の本居宣長、平田篤胤が研究したことによりそれらの後の方々が、開示していい情報が与えられたら真意を確かめ、世に送り出していっているのかもしれません。幽真界というのは、私が思っている以上に複雑かつ調和が最も取れている場所であり、我々の結果次第で階層も決まる。

textile-2072568_1280.jpg

江戸時代から明治初期にかけて仙童寅吉物語、幸安仙界物語などの書物をベースに神道家は研究を重ねて今我々が目にしている書物に少なからず影響を受けているのかもしれません。真意を汲み取るの言うのは簡単ではないのかもしれませんが指を加えて黙ってみていてもその真意はわかることもなく、研究して煮詰まったら沈黙の時があってもいいと思う。この時の沈黙によって大きく舵をとれた方もいらっしゃいますので日々の生活を大切にしながら、努力を惜しみなく行動していけば道は開けるということでしょうか。

偶像崇拝についても記載されておりましたが、人間やはり目に見えるものをっという事を対象にしがちで写真、似顔絵、像などをつい崇拝の対象にしてしまうそうですがこれはどうも全てNGだそうで、例え尊敬している方の写真や似顔絵であっても神様のように禱ってはいけないそうです。逆にそれが足かせをつくることにり、本来帰る場所に帰れなくしてしまったりすることに繋がるそうです。幸い、私の自宅にはその手のものは一切なく無宗教の家に生まれ育って本当によかったと親に感謝しております。中野の駅前に突っ立っている輩の元宗教団体の方が漫画を出され幼い頃からの洗脳に悩まされてきた事が記載されておりました。洗脳は怖いと思いますので、もし誤った教義の元勉強をしているとやはり誤った解釈をしてしまうのかもしれないのですが、根本的にズレていなければ修正はきくらしい…が、私のレベルではこれらについて判断することはできません。

japan-1750129_1280.jpg

話戻って、平田篤胤が神道家として切り開いていったからこそ、後世に幽真界というのものがあるということ。肉体死後、魂のゆくえについて研究された成果がいかされているのだと思います。本居宣長が古事記においてサニワという言葉を用いて、その後そのサニワについて平田篤胤が実証していったのでしょう。その後、諸先輩方がサニワ的思考で取り組みながら真実を見抜くのがいかに難しいのか後世の本をみればわかるような気がしてきました。一つの事を長くだらだらと分厚い本にそれらしく記載されているものは、大半失敗作が多い。江戸時代においても現代のFAQと同じようなもので尚且つわかりやすく説明してくれるのは幽真界の取り測らないなのかもしれません。

きっとこの時点でも神界からこれら陰でこの世を支えてくれている方々は多いと思いますが、学んでいるものとして疑問があった場合、どうしても直接聴きたいけれども、もっと聴く前にとことん調べなさいという事なのかもしれません。調べやすい、聞きやすい時代というのもありますので、ここは難しいところでもある。けど、お願いはできるので調べてどうしてもわからなかったら答えを導きだしてくれたり、混乱するであろうと思われるものに対しても同様に答えを導きだしてくれる場合もあります。っとこれはあくまでも個人的な意見ですのですべての人が対象となるかどうかは保証できません。

ご神事

先だって、ニュースでとある神社のご神事が放送されていた時に、◯◯を奉納しておりなんでだろうっと思っていたら、今読んでいる本の中になんとその放送されている神社の名前が記載されており、尚且つ、ご神事についても記載されておりました。思っていた事は、私なりに正しかったという事が証明されましたので一安心。正とされているご神事においても、いつのしか湾曲されたりする事もあるそうです。まぁ、費用面であるとか、面倒で簡略化したいなどとか理由は様々だそうです。そして、こういった解釈による間違いは、いつか必ずまた正しい方向性に戻るとそうです。そこの宮司さんでひょっとしたら夢でお告げがあって何か動き出すきっかけになるのかもしれません。

ただ、人間の解釈が誤っている場合、長年培ってきた過ちというのはでそう簡単にはもとに戻る事はないのかもしれない。そうだと思って、ご神事もとりおこなわれてきている訳なので、変えようとする方の信念がないと難しいのかもしれません。とは言え、外野がとやかく言っていても仕方がないので私は私なりに自分の正しいと思っている正系の道へ向かって勉強するのみ。先般読んでいた本の質疑応答コーナーは面白く、江戸時代も現代を同じように気候が昔と比べると安定していないような事が記載されており、現代とあまり変わらないのだなぁっと。そしてご神事においても記載されている事が多いのですが、人間が知る必要のないことが多かったらしくほぼ伏せ字w

うーん、ご神事もやればいいというわけでもないということも言及されておりましたが祝詞奏上は幽界にも届いているそうです。という事は当然祈りも届いているわけで心落ち着いて唱えればその真意が届くと言うことらしいです。帰還された神界の方曰く、今の世の中信用できる人は限られてくるので、一人一人の心がけは重要であるということ。だからご神事でもそのまま習慣だからといって受け入れるのではなく自分の目で確かめる必要があるのかもしれません。それにしても、最近のこのシンクロ率はものすごくドンピシャで自分でもびっくり。ばったりどころではなく、江戸時代や古い時代のわからないことはどうやって見極めるっと思っていた矢先の出来事でしたので、最近お伺いさせていただいている産土神のお取り計らいなのかもしれません。

玉ねぎが食べられなくなった理由を探ると…

最近、野菜類で食べられなくなったのが玉ねぎなのですが、なんで玉ねぎが食べられなくなったのかググると、割りと皆さん ある日突然玉ねぎ食べられなくなるケースが多々あるみたいです。玉ねぎはニンニクやニラと違って別物の成分の「硫化プロピル」という成分が食べられなくなる原因(胸がムカムカしたり、気持ち悪くなったり等)とのこと。よって、私の場合、ニンニクは生、加熱両方平気なので、この玉葱の成分のみ反応してしまったみたいです。今でもニンニクは美味しく一度も嫌になったことがないくらい好き。自然の抗生物質と言われるくらいですから、久々に玄米酢ニンニク作ろうかしら…。

他に強い野菜の部類でニラ、ラッキョウは食わず嫌いで自ら進んで食べませんでした。ニラは自生しているイメージが強いのでそこら辺に生えているというのが北海道に住んでいた時に感じていたのと子供自分、ニラは大人が食べる食材だと強くイメージし過ぎて、イマイチ美味しさがわからなくなってしまったので、それであまり食べたいと思わなくなりw 自生のニラは草のような味わいで幼い頃は草というイメージがインプットされ現在でも払拭できないw

ラッキョウは美味しいのですが、昔カレーを食べた時の副菜としてついていた味がなんだか変な味がし腹痛になってから食べられなくなると言う幼い頃の思い出から食べなくなるというwまぁ、玉ねぎの食べられなく理由がわかったので一安心。で、野菜チップスで玉ねぎが入っているのがあり購入し挑戦してみましたがやはりダメでした。アレルギーかどうかはわかりませんが不要なのでしょうね…。と言う事で、食べ物は今まで以上にシンプルにすべきなのでしょうか。ちょっと思うことがあり、旧暦の新年から新たな食事制限をしてみようかと思います。それまで現在は移行期間中なので多少体重増加しても食べちゃうかもwいいかげんな自分がひょっこり顔をだす。こわい💦

エスプレッソ

最近、朝一にエスプレッソを飲んでおります。濃い味が体に響き、一気に眠気が覚める。一時期はコーヒーが飲めない時期がありましたが今は普通に飲んでおります。なんで飲めなくなってまた復活できたのかよくわかりませんが…。美味しく感じる豆類も多く、ハマれば案外長く愛用。そして美味しいコーヒーとチョコをいただき至福の時間を過ごしており、とても幸せ(^^)有難う御座います。感謝してもしきれないほど、いつも優しくして下さりいつか恩返しをっと思いつつ、甘えてばかり…。

さてエスプレッソ用の豆は今までコスパがいいと思っていた成城石井で購入しておりました。Amazonレビューでみ評判はそこそこ良い。豆の種類も豊富でリーズナブル。エスプレッソ、イタリアンロースト、フレンチなど好きな豆をチョイスして飲んでおりましたが最近はお仕事させていただいている会社のcafeで豆が購入できるので、そちらで買わさせていただいております。豆の香りが優しい感じで豆自体油分も少なく朝の目覚めにはピッタリといった感じ。

ホットラテを作るとぐびぐび飲んじゃいそうなので最近は作っておりませんw なんだか、水みたいにグビグビ飲んじゃう自分が情けないのですが、美味しい豆、粉だとついつい飲んでしまいますね…。ビターテイストはほんのり

エール

今朝、いつものように5時に起き散歩コースを歩いていたら遠くから「がんばれー」っと声がして声のする方を見ると年配の女性2名がジョンに向けてエールを送ってくれました。いつもの時間帯によくお会いするものの、今朝は反対側の歩道を私達が歩いていたので声をかけてくれたのだろう。真っ暗でしかもジョンも黒いのによく見えるなぁっと思いつつ朝から元気をいただいた!それにしても新宿行バスは早朝5:40〜50頃案外混雑しているのでちょっとビックリした。

永福町方面から新宿行が走っていると思いますが、椅子はほぼ満席でした。挨拶は大切で、同じ時間帯で双方気になっていると知らない者同士でもコミュニケーションをする。世知辛い世の中とされているが、こうして挨拶を交わしながらもエールを送ったり、感謝の気持ちをいだき、彼女達にお礼を言ったりするのもいいものですね。そんなジョンくんも同じマンションのお隣さんには案外ツンデレ気味でスルーをしてさっさと帰宅する姿を見てお隣さん同士笑っているのも、笑顔が絶えなくていいのかもしれません(^^)いつもの風景、笑顔から始まる良い習慣!(^^)