さくらプロジェクト[ホームレス食事支援]

昨晩、仕事が終わってからSTAUB de GOHANで白米3合炊き、シャケのおにぎりを作ってお渡ししてきました。土日は雨で寒くなるとのことで急遽金曜夜に弁当作りを開始!何か汁物あればいいなと帰宅途中考えておりましたが、自宅で作るよりカップ味噌汁とお湯を沸かしてポットに入れ現地でお渡しすればいいじゃんっと浮かび、確かにそうだ!やってみようかと思ったら時刻は22時…。ちょっと遅いよねっということで、次回もう少し早めの時間帯にお渡しできればと思っております。方南通りのいつものおじさんと水道道路のいつものおじさん二名にお渡しできました。前回、ご飯が少なかったので大きめのおにぎりを作る事ができました。コンビニだと二個分くらいの大きさかな。

お弁当の中身はシャケのおにぎり、卵焼き、ほうれん草のオイスターソース炒め、ぶり大根と透明パックも少しだけもの足りない感じがしたのですが我が家の冷蔵にはキャベツくらいしかなく…。それでも朝昼晩と小分けにしたほうが彼等も食べやすいかもっと良い方に考えwあとは日持ちのするお煎餅を小分けにしてお渡しできました。これから冬になってくるので、なるべくあたたかい食べ物を!っと思っておりますが自宅からチャリで移動するとやっぱり冷めちゃうね。考えないと〜フルーツも入れようかなっと考えていたのですがちょっと違うだろうっと入れるのやめました…蓋を締めたら案外ちょうどよく、窮屈にならなくてよかったかなっと。

寒さが増してきたので、食事だけではなく彼等にとって役立つものを今月末にお渡しできるようにしたい。お弁当はいつものおじさん方なので、ニット帽子、マフラー、フリース等あれば少しはあったかくなるかなぁっと弁当配布していた時に感じました。お弁当配布後、中央公園と地元の氏神様に立ち寄りご挨拶をし、お渡ししたい方にお食事を届けることができた事について感謝を述べ帰宅。その帰宅途中にも路上生活者が缶集めをしており、ゆくゆくはこういった方々にもお渡しできればいいんだけどなっと新たな目標もできました。今は人数を増やしてお渡しするより、いつもの方々にお渡しし安定したらもう少し幅広く活動していけたらと思っております。

※このサポートは個人的に行っており不定期で活動しております。よって特定の支援団体等に属しておりませんのでお食事や生活支援に必要な物資を個人で調達し適宜対応しております。

今日は寒さが一段と増すらしいので風邪には気をつけて下さいませ
素晴らしい一日になりますように
感謝をこめて

IMG_20171117_213829691-COLLAGE.jpg

広告

託宣

昨日アップしたブログの中で託宣というワードがでてきました。これは何かの理由があって人間界にこられた方を託宣というそうですが、一般人がぱっと見ただけではそういった方を判別することはまず出来ないそうです。魂の本質はそう簡単に見られるわけではない。ましてや霊能に長けている方が見ても判別できないくらいなので、そういったオーラを出さないというか悟られないようにしているのでしょうね。

秘事を漏らして神界から追放された方であっても、この人間界を改善するためにこられた方でも質素な生活を送りながらも平和を願い行動している。一般人がつまずくであろう事も彼等にとっては大した事ではないのかもしれません。そういった事につまずいている暇があったら本来やるべきことをしていると思われます(あくまでも個人的な見解ですので、人間が知る必要のない計画だったりすると思います)

現在読んでいる本の著者は神界から来られた方で既に帰還されており、直接この世で学ぶ事はできないものの本を通して彼等の声を聴いて自分なりに整理していけば学ぶことはいつだって可能かなっと思っています。だから、私の場合は彼の本や古事記を通して、一般的な解釈と霊的な解釈をまとめるようにしています。今週初めから産土について記載している本を読んでいますが氏神様について昔から知りたかった事があるので絶妙なタイミングで本と出会ったような気がします。

autumn-2182019_1280.jpg

これがとても難しい。ツーカーの仲というように「あれ」っと言えば全て理解できればいいのですが、現段階では「あれ」と言われると「あれって何?」「どれ?」っと探している最中。今読んでいる託宣のもとで修行された方の言葉はわりと現代に近いので砕けててわかりやすい表現で尚且つユーモアを入れて伝えてくれている。神界の方(高級霊)の発する言葉は厳しいお言葉もあるけれども矛盾しておらず、当たり前ですが出しおすみせずに無償の愛を提供している。

きっと、今この世の中にも託宣はいらっしゃるのかもしれませんが、冒頭でもお伝えした通り人間ではきっと簡単には見抜くことができないので、日常生活を通し学び経験をして己が純粋になればなるほどきっとそういった方からの導きが、その人にとって必要な方法であるのでしょう(本や人づてやその本人であったり)帰還したらひょっとしたらわかるかもしれませんが、日々大切に過ごして純な気持ちでいるといつか出会うきっかけを作るのかもしれません。

flower-2919284_1280.jpg

霊知学は、基本的にはとてもシンプルで誰が見てもわかりやく表現をしているけれども一つ一つの言葉の重みであったり、そこに含まれている言葉の意味がとても一般人でははかりしれぬ事が多いような気がします。だからと言って小難しく回りくどく記載しているという事もない。法則はシンプル。だからこそ、過ちも犯しやすいし更正することも早くできるのではないでしょうか。気づき、学び、経験するということは自分のスキルをアップさせるために必要なことだと思います。

ちなみに丸くなってじっとしていたりするのはグータラなんだろうな自分って思っていたのですが、それをする意味というのは決してグータラなだけで丸まって動かないようにしているということは原点回帰らしく、無の状態を作り出していたりするらしいそうです。まぁ、本当にグータラして寝ているのは意味が違うと思いますがw ふとした仕草でも意味があるらしい。知ってホッとしたのと理解できてよかったかなぁっと。ちょっとつい最近まで丸まって動けない時があったので知れてラッキーでした(●´ϖ`●)

これらの本は、大昔の出来事ではなく私達の年代に近い現代のお話なんです。ひょっとしたら私のお爺ちゃん世代のお父さんや将又お爺さん達が生きていた時代や昭和初期の話なので受け入れやすい話ですね。日本にはこういった霊界通信や霊体験や神様が直接人に関わった話はないと紹介されている本が多かったように思えますが、探してみるとあるもので本を読んでいると初めて霊聴が効果音となり不思議な体験をさせていただきました。

今日一瞬、素晴らしい風が吹きますように
心をこめて

バッタリ確率0% #3

なんと今朝もバッタリ、しかも懐かしい方と通勤途中の六本木でお会いしました。H時代でニュー渋でご一緒していた方なのですが私がアドミ、マネージャ職についているのを知っている方で、確か私と同じ時期に退職したようなっと思って現在の近況をお互い話しました。その方のほうがもの凄くびっくりされており、何でここで?ってまるで狐につままれるような不思議な顔をしておりました。

そうりゃぁ、そうでしょ。この世の中でバッタリ都内で会う確率は限りなく0に近いのに…。しかも朝っぱらから私と会うしね〜w 最近は、驚く相手の表情を見るほうが多く、人間こんなに表情がかわるもなんだっと思いながら、その方は目をぎょろぎょろさせてました。あの、私生きてますから〜っと化物を見るような眼差しを時折していたのでつい言ってしまおうかなっとw

走馬灯のように物事を思い出すというのはこういうことかと懐かしい思い出が数秒で読みがった感じでした。ちょうど今朝ビーガンの方にタンパク質摂取について質問していて自分なりに解釈しながら歩いていたのでしかめっ面だったのかもしれないwそんな中私と出会うとは朝から本当にびっくりしたみたいで、お別れの挨拶したらものすごい勢いでチャリこいで走っていきましたw

沙庭的思考

ここ最近読んでいる本は神界から来られた方若しくはその方の元で修行されていた方の本が多く、本を読んでいくと、とても学ぶことが多い。どれも共通しているのが霊能力より日常生活を正すことについて言及していることが多いです。正すというのが如何に難しいのかという事も記載が多く、一般人ではなく同じく神界の方が何かの目的でこの場所に降りてきているけれども、誘惑等に負けてしまって堕落したという人も多いらしい。

では、その堕落とはなにかというと一言で言えばネガティブな要素に取り憑かれてしまっている事でしょうか(すべてがこれに該当するという訳ではございません) 欲望やしっと、ねたみ、そねみ等一時的な感情として生まれてくるのは人間生活を送っていくと仕方がないのかなっと思いますが、それらをずーっと引きずっていると、それらに飲み込まれてしまい最終的には自分が思っている以上に闇に引き込まれてしまう。そして人によっては支配されてしまう可能性もあるそうです。よく、魔が差したといって悪い事したらその行為全く覚えていないという話もこれにあたるのかなっと思います。心の隙間に魔が入ってくるというのでしょう。

natural-2458382_1280.jpg

確かに、言われてみれば誰得?っという事を自ら呼び寄せてしまっているのかもしれません。腹ただしいこともずーっと自分の中にしまいこんでいる必要もなく全て排除してしまったほうがいい。その排除の仕方は残念ながらどの本にも記載されていないし、そういった事は自分で考え行動しなければいけないという事なのでしょう。これは当たり前の事ではありますが自分自身気づき、変えていくことが大切ですね。気づきのプロセスとして色々なアプローチがあるので、日々を大切にしていけばビビッと心に響く何かが見つかるかもしれません。

沙庭的思考とは、如何なることに対しても第三者の目でジャッジし、それらについて解釈すること。解釈するという事は、きちんと自分の言葉で発することになりますので、真意やその方が本来言いたかったことも汲み取り判断すると思われます。だから、これらを鍛えるためには受け身な生活を送っているばかりではダメで行動的でありながら見る目を養うことなのでしょう。難しいと思ったら難しいオーラが包み込み解釈できなくなるので平常心を保たないとダメなんでしょう。

今週日曜日に、託宣の元で勉強された方の本を読み終えたばかりなのですが、540ページくらいの本で辞書のような分厚さでハードカバー。沙庭的思考とは何ぞやっと前々から自分の解釈の仕方があっているのか知りたくて出会った本。私生活において直面しているような事がまるでテキストブックのように、こういったケースはこうですよ的な感じで教えていただいている貴重な本だったように思えます。決して一言では言い表すことができませんが、客観的に物事を正しく判断する為のお勉強といったところ。これも霊智学(スピリチュアル)に関して言及するのではなく、人生そのものに活かされると思います。

summer-2334072_1280.jpg

私の場合、黙って殻に閉じこもるよりかは、ソファでごろーっとしながら瞑想(但し、途中で爆睡しちゃうことが多い・・・)、筋トレして脳内をクリアにしたり、ジョンくんと散歩したり、音楽聴いたり、大切な方々との会話であったりとそれによって救われる事が非常に大きい。若い頃は好奇心旺盛で戦っておりましたが、今となってはそういった気持も起こらず少しは大人になったのかなっと思いつつ、神界から来られたからのお言葉を見聞きする度に自分の存在が小さく、まだまだ知識や経験が足りないのかと気づくことのほうが多い。この人生どこまで学べるかは自分次第ですな。とは言え、つい最近まで丸くなって寝ている事が多かったのですがw

学びってエンドレス。自分の勉強のために先週頭から神界から来られた方の本を夜に読み直しておりますが言葉の重みが違う。猫背の私が背をただして読むくらいシャキッとしながら読んでいます(●´ϖ`●)この本もまたサニワ的思考について言及している方で正しい解釈をしている方とそうじゃない解釈(つまりフェイク情報)も両方見て何が正しいか判断することも重要であると言及しております。後者の方は心の在り方で引き込まれてしまう可能性があるので、正しき判断が出来ぬ時は見るべきではないと個人的に思っています。その理由は流されてしまって悪しきものへ引き込まれてしまう可能性があるからです。ちゃんと見極める力があってからこそ挑むべきだなっと思っております。中途半端な気持ちで挑むなよ、ケンちゃんっといつも言われている感じです。ハイ😓

ちなみに、この本は一般書店では販売されておらず先生と言われる為にこれらの事を生業にしている方々ではなく、人知れず霊的活動をされた方。だから霊能力を高めるような本でもありませんし霊的学びの難しさについて書いている事が多い。ここで霊能力を高める内容であったり宗教のように神様扱いさせたりすることは一切なし。本物の神道とはそういうことなのだろう。彼等は偽物の神道と一緒にされたくないので別名で呼んでいます。

japan-1750129_1280.jpg

魔が差した方は、きっと彼等が努力し学んだ結果をさも自分が発見したかのように活動をしたり、高額な講座料で講義をしていたりするそうです。神様からはきっとブラックリスト扱いされると思いますが、なぜそういう道に走ってしまうのかも個人的にはクエッションマークがついてしまいます。やはり、人間の性であろう優位性というものが自分が一番偉いと思わせたり権力やゴマすりのような輩を作ってしまうのか・・・。難しいですね、生きるって。

さて、古書で手に入れた古事記&朗読する古事記はまだまだ読めるまでいたっておりませんが、神界の方の本を読んでいる今、不思議なものでこれらの本で古事記や日本書紀に関する解釈について記載されているので、現代版の解説書っぽい感じなのかな。一回読んだだけでは決してわかるような内容ではないものの、この地上で生活を送る上で必要なことが記載されているように個人的に感じました。中学の頃、国語の先生が理解するには同じ本は3回読んで、暗記するくらい紙をすり減らしながら全部意味を知りなさいと言われた記憶が読み返りました

自分の判断が間違っているのかと血迷ったのかと思ったら、産土の神様の本を読んでいたら面白いことに著者もまた「古事記」の選択をしてよかったのか迷っている部分で、この選択は正しかったと記載されており、血迷った考えではなかったのだなっと安心しました。長文ですが読んでくださり感謝しております。

今日一瞬、素晴らしい風が吹きますように
心をこめて

年末年始はウイルスメールにご用心

ウイルスメールはここ最近とても巧妙な手口を使ってあたかも本物のように見せかけて受診トレイに紛れ込んできます。ついつい、メールをクリックしてしまいがちですが、中身をよくみる習慣を普段からつけるとこれらのメールを防ぐ事ができます。実際に我が家にやってきたメールは以下の通り

apple社っぽいメールはパスワード再設定を促すメールで他にも銀行や他のサイトでも似たようなメールが配信されています。次に佐川急便っぽいメールは請求書がキーワードとなり、一瞬あれ?支払ったのになぜ?的な感じで騙されてしまう可能性があります。最後に転職紹介は会社名が記載されていなかったり、高額な給与で惹きつけて悪意のあるリンクに誘導させてしまっているものが多い。

matrix-1735640_1280

日本語のウイルスメールは、どれもうまく情報を取り出そうと翻訳サイトで一括変換しただけではなく、手を加えてきている。同じ漢字を使う国からやってくるウイルスメールも一見本物っぽいように見えますが日本では絶対に使われない漢字や表現方法をしている事が多いので、ついよく見ないで反応してしまっているのであれば要注意です。一時期話題になった、身代金要求もこれにしかり。

これから年末年始。クリスマスメール、年末年始のご挨拶メールなどイベントがある度にウイルスメールも届く場合もありますのでローカルでメールチェックされている方は特に気をつけて下さいませ。ちなみにweb系のGoogleでメール閲覧されている方はセキュリティ対策も万全な為、まずウイルスメールがきてもgoogleの管理サーバで削除される事が多いです。(厳密にいうとフィルター通して迷惑メールを別なサーバに格納していたり、悪意のあるメールはメールソフトには配信されないようにしています)

また、ウイルスメールだけではなくサイトも巧妙な手口を使ってパスワードや個人情報を盗もうとしているので気をつけて下さいませ。感染してからだと、ウイルス対策ソフトで駆除できればいいのですが駆除できなかった場合は最悪リカバリまで必要になってきますのでローカルデータも失うかもしれませんのでリスク管理はしっかりと行って下さいませ。

matrix-2883622_1280.jpg
 

①apple社っぽいウイルスメール
差出人:noreply★email.apple.com
件名:あなたのApple IDのセキュリティ質問を再設定してください。
本文:安全のため、このApple IDはすでにロックされました。
あなたのApple IDはwindows PCのiCloudにログインしたりダウンロードしたりする操作があったとAppleゲームのセキュリティチームは発見しました。
日付と時間:2017/11/05
iCloudバージョン:6.2.2.35

IP:220.39.293.132(岐阜)

あなたのアカウントの安全性を守るために、セキュリティ質問を再設定して頂くことが必要です。再設定された後、たとえあなたのApple IDとパスワード及び元のセキュリティ情報を知っているとしても、それを使用することができません。

この問題を解決するにはこちら
このリンクとあなたのApple IDのセキュリティ質問とは、2017年10月21日から失効になります。詳細情報について、「よくある質問」をご利用いただけます。

以上
Apple IDサポートセンター
� 3c��=�@

binary-2372130_1280.jpg

②佐川急便っぽいウイルスメール
差出人:kansai ebusiness
件名:[佐川急便] 請求内容確定のご案内
本文:平素は格別のご愛顧を賜り、心より御礼申し上げます。

※本メールは電子請求書発行サポートにご登録頂いたお客様を対象に送信しています。

請求の内容が確定しましたので、ご案内致します。
運賃請求書発行画面より請求書を取得して頂きます様、お願い申し上げます。

請求書番号
【3707408446】

…以下まだまだ続く

ransomware-2321665_1280.png

③外資エージェントから転職案内っぽいウイルスメール
差出人:nimbusnn★buffy.tpgi.com.au
件名:Staff Wanted
本文:Good day!

We considered your resume to be very attractive and we thought the vacant position in our company could be interesting for you.

Our firm specializes in online services in the matter of business administration.
We cooperate with different countries and currently we have many clients in yours region.
Due to this fact, we need to increase the number of our destination representatives’ regular staff.

Part-time and full-time employment are both currently important.
We offer a flat wage from $1500 up to $7000 per month.

If you are interested in our offer, please visit our web page.

Attention! Accept applications only on this and next week.

Respectively submitted
Personnel department

flower-2919284_1280.jpg

今日一瞬、素晴らしい風が吹きますように
心をこめて

 

[食]自家製漬物&焼き栗

オーブンで焼き栗、自家製漬物は白菜、人参、昆布、赤唐辛子、塩のシンプルな白菜漬け。そして甘めの大根のイチョウ切りの漬物は砂糖と酢と塩。最近、おかずはこの手のシンプルな漬物と根菜類の煮物が多い。シンプルなものがイイネ

IMG_20171112_203452739-COLLAGE

明治神宮と宮廷文化

日曜献血終了後、新宿で美味しいご飯っと思ったのですが珍しく食欲なく新宿西口催事場から地上に上がろうとしたら催し物をやっていたのでちょっとだけ見ることにした。マジック協会に所属している方が吾妻という技を披露。初めて間近でマジックを見たのですが、面白くやっぱりライブはいい。

その後、地上に上がり笹塚で中華か初台でインドカレーか迷ったけど、やはり食欲がわかない・・・。現在モチベーションだだ下がり中なので珍しく食欲がない(重なるときは不思議と仕事やプライベートで重なる)w一晩寝て、翌日体重測定したら2kg落ちてましたwそのまま帰宅しようと思ったら宝物殿があたまをよぎる。いい天気なのでそのまま明治神宮へ行き、宝物殿へ初めて入ろうかなっと思ったら改修中で同じ敷地内の違う館で開催されているとのことで、行くことに。明治神宮にもお詣りしてきましたが晴れていて大勢の方々がいらっしゃるものの都会の雑音がかき消され心静かに過ごすことができました。

IMG_20171112_134026865.jpg

雑念から開放された瞬間、涙が少しだけこぼれたので素直に従ったら鳴いたカラスがもう笑ったかのように、心が晴れやかになりつつ、すぐに微笑みが戻ってきました。そのまま本殿へ移動すると韓国人カップルが写真撮ってっとのことで英語で大きな声でスマイル〜っと何度も言っていい表情で撮影でき満足した表情でホッとしました。すると目の前で菊花展も開催されており沢山の菊を見てほっこり。本殿でお祈りした後に、宝物展示室へ移動し静かな空間に癒やされました。明治天皇、皇后の大きな写真でお姿初めてみましたが気品溢れ、皇室ゆかりの品々は当たり前なのかもしれませんが上品でした。気品溢れるの方が正しいかな。言葉知らずですまぬ

中でも絵巻物を見ていると不思議なことに、まるで命が吹き込まれているのかのようで今にでも動き出しそうなくらいリアルで、覗き込むと何やら話し声が聞こえるっと思ったら周りには誰もおら、また見入ると同じような声が聴こえる。きっと絵巻物の中の人達なのかもしれませんが、とても童心に帰ったようなワクワクやドキドキしながらも凛として背を正しながら不思議な空間の中でタイムスリップしたかのように過ごさせていただいたようです。

大嘗祭もまもなくということで今年は見たいと思っていたこともすっかり忘れていたので、これを思い出すためにまさに行ったのだ!!っと思い出したことに嬉しくほっこり!!着物と呼んでいいのか私のボキャブラリーがなく、大変申し訳ないのですがお召になられている服がとても上品で気品溢れておりました。計算された模様がとても綺麗で織るのに大変だったのだろうと思いながらじーっと模様をみていおりました。その後も珍しくご飯も食べずにそのままいつもの初台商店街の端っこにある八百屋さんへ行って根菜類や大根、白菜を買って帰宅。

IMG_20171112_150436793_HDR.jpg

自家製漬けもの大根と白菜を漬けて野菜たっぷりの味噌汁を作って食し体も心も満たした一日を過ごすことができました。初めて明治神宮芝生に車が沢山あったのでビックリしたのですが、私と同じように不思議に思った年配の男性が宝物殿近くにいた警備員の方に質問したら駐車場が満杯の時はたまーに芝生に車を止めるように誘導するそうで、滅多に見れない風景に年配の男性ともども「へぇ〜」っと思いながら聞いておりました。

秋晴れ時、五感を取り戻す為に自然の風景を目で見て、風を肌で感じ、自然の音を耳で聴くとそれぞれが融和され日常生活スマホで音楽を聴いていると決して聞く事のできない体験を久しぶりにしました。あぁ〜やっぱり自然はいいな。いつしか物質的なものに支配され五感を研ぎ澄ますことを忘れ機械のように過ごしていたのだろうと反省。久々に素晴らしい時間を過ごすことができ心と体も癒されっぱなしでした(●´ϖ`●)

IMG_20171112_135727664.jpg

数年前の夏、明治神宮にお詣りした時は休日でしかもゲリラ豪雨。明治神宮の方々がゲリラ豪雨暫く続くとのことで雷も激しくなっていたので特別に天候が回復するまで本殿近くにある施設を開放して下さり30〜40名近く避難し数時間雨宿りさせていただきました。天候が荒れる前、快晴で心地よかったのですが突然の雨にびっくりしたことを思い出しました。それに比べ日曜日は秋晴れで多くの外国人が日本に訪れ、この場所に来てお詣りをして下さり嬉しく思う。ちなみに本殿銅板の改修工事をしているそうで一枚3000円でお名前、お祈りごと(健康祈願であったり、その他の願望)を彫ってとりつけまーすっと告知しておりました。維持するのにもお金がかかりますからね〜

現在、私は毎朝のお祈りの作法も変えてしっくりきているのですが、こうしてこの場所で改めてお祈りさせていただくことができ私自身もまた勉強させていただいている次第で、祈る大切さを改めて体験させてぃただいた感じです。忘れていた何か心の底から湧き出るものに一人感動しました。当たり前ですがコミュニケーションの大切さや、さり気ない気配り、困っている方へサポート等など少しでもお役立ちできるようになっていきたいと思いました。お子ちゃまなので波があるんですw

スライドショーには JavaScript が必要です。

そうそう、ここでも秋の気配を満喫してどんぐりが沢山落ちており、紅葉も綺麗でした。色づくのはもう少し先でしょうかね。帰りにポニーとお馬さんの姿を見て大人も乗っていいのかしらっと思いながら北海道生まれなのに馬には乗った記憶はないのですが、父の妹夫婦の親戚に農家がいて、農家見学をさせていただいた時に農家のオーナーが私含む当時小学生の子供達を牛に跨がらせていたのをふと思い出した。今だから笑えるのですが、乗った瞬間落とされましたw当たり前ですが牛は乗るものではありません(●´ϖ`●)頭打って思いっきり大声で泣いてしまいましたw流石にこの時は怖かったのですが、馬は暴れなさそうなので一度乗ってみたい。大人乗っている姿見ないんですよね〜。

今日一瞬、素晴らしい風が吹きますように
心をこめて

献血

昨日しっかり睡眠を取り、朝ごはんを食べ新宿までチャリで移動!!日曜日の秋晴れ!心地よい気候で移動時は若干肌寒かったものの都内は太陽の陽射しが心地よく清々しい気持ちになりました。移動していて、風を肌で感じ秋の陽射しを全身に浴びポカポカしながら移動していると時折、鳥のさえずりが聴こえ、こんなビルが多い西新宿近辺にも自然を感じることができるのだなっとしみじみ感じました。

献血予約を入れなかったので待つかなぁ〜っと思ったら珍しく人が少なく💦いつもだったら朝イチ献血しに沢山の方々がいらっしゃるのになぁ〜っと思いながら受付をし献血測定しボードでチェックし問診へ。するとお医者さんから開口一番、「機械新しくなったので読み込みが遅くてごめんなさい」っとのことで、急ぎの用事もないし、そもそも全血できるかどうかも不安でまた成分行だったら二時間半コースかっと思いながら待つことに。

computer-1149148_1280

どうやら献血センターで使われている機械がリース期限終了し最近リプレースしたらしく、端末の反応がどうも鈍いらしい・・・。端末再起動しているとお隣の問診がドンドン終わり、気がついたら3〜4人先に献血へ案内されている。それを見て焦ったのが献血センターの看護師&医師&受付の方々。申し訳ないと何度も言われるが、大丈夫ですよ〜っといいながら順番待ちしていると一人の看護師さん申し訳ない気持ちで〜っと仰って対応して下さったので、私が赤血球の数が少ないので成分行きに最近なるんですよね〜っと話したら「ほんと申し訳ない」と何度も言われながら、問診終え検査へ💦

赤血球の数が少ないのは私であって看護師さんじゃないんだけどなーっと思いつつ結果でると、以前より数値が上がっており、やはり偏った食生活(飴がいけないと思うw)だったのかその後はいつものようにあっという間に献血終了。先に献血していった方々と数分後に私も献血終わるという〜筋トレしていると全血400㍑早い。そして今回で献血は30回目ということで記念品をいただき、秋の陽気とともに直感を信じ明治神宮へ立ち寄り帰宅してきました(●´ϖ`●)

blood-donation-2783902_640.png

今日一瞬、素晴らしい風が吹きますように
心をこめて

瞑想

少しの時間でも瞑想すると考えが整理されたり、心のおしゃべりが払拭されたりします。最近、考えることが多く脳内がモヤモヤしている事に気づき、普段でしたらクリアな状態が曇って視界が見えないというような状態。ずーっと曇っている状態ではないものの視界良好ではないので、やはり何となく居心地が悪い。だから、そういう時は気分転換をしたりしますが、それでも払拭できない時は瞑想の効果があるような事をすると視界良好となります。

あとは、やるき維持w 根性論ではありませんが、やるきスイッチがオフだったり着いたり消えたりと不安定な状態だと精神衛生上悪い。だからこそ、瞑想が必要なのかもしれません。言葉だけではない直感が伝わってくる場合、そっと心に落ち着かせて身を委ねてみると素直に聞く耳を持つことができる。今は無音が心地よい。精神を統一すると心のおしゃべりがスーッと消えていく、そういった時間が最も大切なこともしれません

さて、YOUTUBEに誘導瞑想アップする予定でしたが諸事情により止めました。個人的に目覚めの瞑想&仕事休憩時の瞑想は実際に行っていてリフレッシュされる事も多く、また気づきもあったのでかねてから計画をしておりますたが今は見合わせします。楽しみですとおお伝えしてくださった皆様、スミマセン・・・。